MENU

エネルギーファンディングは使った電気料金の一部を寄付できる新しい形の電力会社です。

とくに注目するべきは、使用量の一部を寄付しているのに従来の電気料金よりも安くなる可能性があること。

エネルギーファンティングは果たしてどれくらいお得でどれくらいの寄付ができるのか、詳しく解説していきます。

エネルギーファンティングの電気料金はお得なのか?サービス概要

エネルギーファンディングサービス概要
公式サイトより

エネルギーファンディングは「株式会社エネラボ」が電気を提供しています。

エネラボは沖縄県を除く46都道府県に対応している電力会社で、グループ会社には岡山電力株式会社もあり合わせて1万件以上の供給実績があります。

そんなエネラボが提供するエネルギーファンティングの特徴は以下です。

  • 切り替え手数料・解約金なし
  • 大手電力会社より最大5%お得
  • 使用した電気料金の一部を寄付できる

詳しく説明していきます。

エネルギーファンディングの料金体系

まずエネルギーファンディングに切り替える時に費用は一切かかりませんし、今後、解約するときも無料です。

エネラボ手数料解約金無料
エネラボ公式サイトより

切り替えの手続きもエネラボでしてくれるので、契約中の電力会社を自分で解約する手間などもありません。

料金面ではエネラボには3つのプランが用意されていて、プランごとに電気料金と寄付額が変わってきます。

100円寄付プラン

大手電力会社より5%ほど安いプラン。

使った電気料金から毎月100円を寄付できます。

以下、4人暮らしの場合のシミュレーションです。

100円寄付プラン詳細
公式サイトより

毎月の使用量にかかわらず100円なので、1年で1,200円の寄付ができます。

3%寄付プラン

大手電力会社より2%安いプラン。

毎月の電気料金のなかから、3%を寄付できます。

以下、4人暮らしの場合のシミュレーションです。

3%寄付プラン時詳細
公式サイトより

使った額の3%が寄付されるので、上記の場合、1年で約4,106円が寄付になります。

5%寄付プラン

大手電力会社と同じ価格帯。

毎月の電気料金から5%を寄付できます。

以下、4人暮らしの場合のシミュレーションです。

5%寄付プラン時詳細
公式サイトより

使った額の5%が寄付できるので、上記の場合、1年で約6,976円が寄付になります。

このように、電気代が上がるプランになるにつれて寄付額も上がっていく仕組みです。

上がるとはいえ最大の5%の寄付プランでも大手電力会社の料金体系と同じで、そこから5%もの額が寄付となります。

料金プランの補足事項

大手電力会社と比較した料金になっていますが、大手電力会社というのは電力小売全面自由化前(電力会社を選べなかったころ)の地域ごとに決められていた電力会社のことです。※東京でいえば東京電力

いま使っているのが大手電力会社だった場合、同じ電力量であれば基本料金と使用料を含めてプランごとに今の料金よりも毎月◯%程度安くなるということになります。

電気料金は「銭」の単位が出てきたり、基本料金や使用量の他にも再エネ賦課金、燃料費調整額など細かい項目を解説するのが少し難しいので、単純にこの◯%安くなるという表記をしている会社があります。

エネルギーファンディングの5%安い価格帯というのは、電気自由化後に参入している電力会社のなかでもけっこうな低価格帯です。(例えばソフトバンク電気であれば使用量のみ1%安い程度で、他も2-3%安いところが多いように感じます。)

大手電力会社よりも5%安いうえにさらに毎月100円の寄付をしてくれるのがエネルギーファンディングのおおきな魅力。

100円の寄付で何か変わるのか?と思うかもしれませんが、500円-1,000円の寄付でも例えば「子供ケアセンター」で

  • 1人分の学習用品を揃えられたり
  • 1人分の生活用品を提供できたり

といった支援ができるので、100円の寄付プランでも数ヶ月使うだけで十分に貢献できます。

電気会社を変えるだけで電気料金を安くできるうえに困っている人を助けることができるので、興味があればこの機会にエネルギーファンディングに変えても良いかと。

申し込みするだけ切り替えてくれるので、工事などの手間もありませんし。

\ どうせ払う電気代が誰かのためになる /

オール電化の場合は別途問い合わせが必要です。

エネルギーファンティングの寄付の内訳は?寄付先は選べる?

エネルギーファンディングの寄付先は102のプロジェクトから選ぶことができます。※2021.9.9時点

カテゴリー分けされているので、寄付をしたいプロジェクトをジャンルや地域から探すことも可能です。

支援先をジャンルや地域から選択
公式サイトより
  • SDGs
  • 災害復興
  • まちづくり
  • 環境保護
  • 子ども・教育
  • 社会福祉
  • 医療・難病
  • 動物愛護
  • 国際協力
  • 地域文化
  • ジェンダー・LGBTQ
  • エンタメ
  • スポーツ
  • スタートアップ
  • その他
  • 芸術・アート
  • 科学・生物

毎月寄付先を変えることもできるので、自分たちが応援・支援したいプロジェクトに寄付することができます。

支援から趣味の世界までさまざまな分野があるので、ぜひご家族で話し合ったりしながら寄付先を決めてくださいね。

エネルギーファンティングの口コミから実態調査

電気を通して寄付するというエネルギーファンディングというものがあると知って、支援を必要としている人に、なにか協力できたら良いなと思い利用させて頂きました。
電力会社を切り替えるだけで、全く手間がかからずに毎月の電力料金の一部が寄付されるというのは素晴らしい試みだと思いました。
当たり前に支払っている電気代から寄付できて、SDGsへも貢献できるというのは画期的だと思います。
電気料金のうち5%を寄付すると言うプランを選択しました。以前使っていた関西電力の電気代よりも、毎月1000円ぐらいですが安くなったので、寄付も出来て電気代も安くなって素晴らしいです。

50代男性

SDGsの取り組みで自分に無理がなく出来る事としてエネルギーファンディング電気プラン見直しを行いました。
コースが幾つか有りますが、毎月100円寄付、大手電力より5%安くなります。
始めたばかりで実感はありません。寄付額も少ないのでどこまで貢献できるか分かりませんが気持ちが違います。

現在はクラウドファンディングや様々なファンディングがありますが、私は義理の弟が電力会社に勤めている事もありエネルギーファンディングの存在を知り利用しております。
オール電化なのでガスを使用しない分、電気の使用量は比較的多くてオール電化住宅割引などでコスパが良い事からエネルギーファンディングを始めました。
「こども・教育」「環境保護」「スポーツ」など多くのカテゴリーがあり、好きな団体を選んで支援することができますが、支援の進捗や成果はプロジェクトごとにある活動ノートページで確認できるので支援のしがいもあります。

30代女性

電気代の請求額はそれほど変わらずに寄付することができるので、誰かの役に立っているという満足感を感じることができました。
支援先はたくさんあるのですが、私は環境に関心があるため環境保護に関する支援先に寄付しています。

電気代がお得になったうえにどこかで困っている人に寄付もできているというのは、普通に電気料金を払っているよりも気持ちの面で違いますね。

支援先を選べることで自分が手助けしたいと思っている人に届けれられるので、ちょっと電気を使いすぎて請求がいつもより高いときも決してムダではありません。

\ どうせ払う電気代が誰かのためになる /

エネルギーファンディングに切り替えるのにリスクや面倒なことはないの?

いくらお得になって寄付ができるといっても、リスクや面倒なことはないのか?というのは気になるところかと思います。

ハッキリいってしまうと、電力会社を変えることでのリスクはありません。

例えばエネラボが倒産などしても、東京電力などの一般送配電事業者が代わりに電力を提供することが義務付けられているので、停電したり電気が使えなくなったりすることはないです。

また、切り替えといっても電線などは変わらず今使っているものなので、工事などもとくにありませんし電気も止まりません。

古い建物などで「スマートメーター」という新しいタイプの電力を測る装置がついていない場合は設置が必要です。ただこれは東京電力などの一般送配電業者などが順次取り替えを行なっているものなので、連絡すれば原則無料で交換・設置してくれて立ち合いも不要です。

本当にリスクがないのか?と心配になるかもしれませんが、リスクなく電気料金を下げられるようになったのが2016年電力自由化です。

電気もスマホ料金などと同じで、サービスを提供する会社が増えればどんどん金額が下がっていくので、電力会社を切り替えていない人はむしろ料金的に損をしている状況になっています。

無理やりデメリットを上げるとすれば、手続きが必要なことでしょうか?

とはいえWEB上で完結しますし最初だけなので、やっぱりデメリットはこれといって思いつきません。

今の電力会社の解約は申し込み時にエネラボでやってくれます。

エネルギーファンディングのお得さ、寄付先についてのまとめ

電気代もお得になりますが、それ以上にどこかで困っている人の助けをできるのがエネルギーファンディングの大きな魅力

「どうせ払う電気代が困っている人の役に立つのなら」という気持ちがある人には、エネルギーファンディングがオススメです。

電力会社を変えたことがない人は、電気代も下がってデメリットもないので。

\ どうせ払う電気代が誰かのためになる /

お得さだけを追求するならならもう少し安い電力会社もあります。

業界最安値圏の電気会社はサステナブルエナジー